千葉商業高校・全県学区

 

※この記事は2018年1月28日に最終更新しました。

※この記事はH30年度選抜の入試要項を元に作成しています。H31年度入試では変更点がある場合があります。

特徴

☆「くくり募集」を実施。

 

→千葉商業高校では1年次は全員同じ教育課程で学習。そのうえで、2年次から「商業科」・「情報システム科」どちらで学習するかを選択する。

 

 

 

【商業科】

 

2年次から商業科を選択した場合は①流通ビジネス、②会計ビジネス、③経営情報、④観光ビジネスの4コースとなる。

 

 

 

【情報システム科】

2年次から情報システム科を選択した場合は①情報システム、②情報ビジネス、③情報αの3コースとなる。

前期選抜について

H28年度より定員の100%を前期で募集

 

学力検査

学習の記録

出欠記録・行動記録・部活(特別活動記録)など

自己表現

2日目)

500

135

20

130

10点未満の教科がある場合は審議対象。

 

・評定1の教科がある場合は審議。

3か年皆勤で加点。

・1つの学年で20日以上、または3年間合計で40日以上の欠席で審議対象。

・行動記録の〇が1個以下で審議。

・生徒会、部活、その他での特に優れた活動を加点。

・英検、漢検の準2級以上、商業に関する資格上位級を加点。

2日目についてを参照してください。

 

 

 

選抜方法(要点)

2段階方式

 

 

 

【第1段階】

 

→学力検査(500)、学習の記録(135)の合計で順位付けし、上位から順に定員の70%までを合格。

 

【第2段階】

→残り30%の定員については、学力検査(500)、学習の記録(135)、他記録(20)、自己表現(130)の合計で順位付けし上位から順に合格。

 

2日目について

自己表現

配点

130

次の(1)、(2)のいずれかを出願時に志願者が選択

 

1)、口頭による自己表現(日本語・個人)

→検査時間は15分~10分。

 自己アピール時間は3分以内。自己アピール終了後、内容について質問あり。

 模造紙、パソコン等、運動器具、楽器などの持ち込み不可。口頭のみでの自己アピール。

 

 

2)、実技による自己表現(以下から1つを選択。入学後3年間取り組む意思のある種目を選択。)

【男女】

陸上競技、ソフトテニス、バスケットボール、バドミントン、ハンドボール、柔道、剣道、吹奏楽

【男子】

硬式野球、サッカー

【女子】

ソフトボール、バレーボール

 

 

 

 

1)口頭による自己表現の主な発表内容 (参考)

・中学生活でがんばったこと。(生徒会活動、学校行事、学習活動など)

・商業の学習で興味のあることや入学後の抱負について。

 

 

 

学力検査目標点

270点

54点平均

 

 

 

目標内申目安

101

34

1教科あたり3.8

 

倍率推移(H28年度以降)

 

前期

H29

1.44

H28

1.31

 

 

 

後期選抜について

☆前期で定員に達した場合は実施しない。

 

H28H29ともに実施なし。

 

☆面接あり(受験者57名、面接官3名の集団面接。1グループ約25分)

 

 

 

学校行事など(参考・H29年度実施)

体験入学(第1回説明会)

8/24()8/25()

文化祭一般公開(個別相談会)

9/30()

公開授業(第2回説明会)

11/11(土)

3回説明会

12/2(土)

 

※H30年度以降の予定については学校HP等でご確認ください。

アクセス

JR西千葉駅より 徒歩7

 

京成電鉄 西登戸駅より 徒歩10

 

JR千葉駅北口より徒歩12

 

モノレール作草部駅より徒歩9

 

 

 

高校ホームページ

※この記事はH30年度入学者選抜の入試要項を元に作成しています。H31年度入試では変更点がある場合があります。

 

234学区(第1学区も一部あり)の高校レポートはこちら(かまなび)へ。