口コミサイトを見て疑問に思うこと。

 

まなび堂が開校してから今日までで一番多く人に読んでもらえたブログ記事はこちらでした。

 

予想外に学習塾の口コミサイトについて書いている記事が一番読まれています。

 

案外まなび堂のブログは保護者や生徒よりも塾関係者のほうがアクセスしているのかもしれませんね。

 

検索ワードも学習塾経営者が「塾の口コミサイトの掲載料金ってどれくらいなんだろう」と思って検索するようなワードでブログ記事にたどり着いています。

 

まなび堂は高いお金を払って口コミサイトという名の広告を利用する気はありませんが、この記事へのアクセスが多いところをみるとわりと多くの塾経営者が口コミサイト系広告を利用するか検討しているのかもしれませんね。

 

私はどちらかというと、「こういった口コミサイトに投稿されている書込みを保護者や生徒はどれくらい参考にしているのか?」ということの方に興味が湧きます。

 

その口コミに書かれている評判を鵜呑みにするものなのでしょうか?

 

私の場合は、お金を払って紹介ページを掲載してもらうような口コミサイトの書込みなんか信用する気になれないんですけどね。

 

これは塾に限ったことではなく、よくある飲食店やホテル・旅館のサイトなんかもそうですね。

 

サイト運営側にとっては大金はたいて掲載してくれる会社はお客さんですからね。

 

掲載企業にとって都合の悪い書込みをどこまで削除せずに載せてるかというところは疑いたくなってしまいます。

 

こんな風に考えてしまう私はひねくれ者なのでしょうか。

 

少し話は変わりますが、この記事の口コミサイトにランキングというページがあるんですね。

 

試しに、千葉市の学習塾のランキングを見てみました。

 

1位~10位までの学習塾のランキングの点数と口コミ数は以下の通りです。

 

 

点数

口コミ数

1

3.56

2556

2位

3.74

1988

3

3.65

1473

4

3.66

1884

5

3.64

4295

6

3.75

397

7

3.40

830

8

3.67

1603

9

3.75

606

10

3.66

264

 

ランキング1位が一番点数が良いわけではないようです。

 

それで口コミ数順になっているのかと思ったのですか、そうでもないようです。

 

どういった基準でランク付けしてるのかと思ってサイト内を見渡してみると「ランキング算出基準について」というリンクがありました。

 

リンクから調査方法を見てみると「資料請求・電話問合せ数等から独自のロジックに基づいて調査」と書いてあります。

 

その「独自のロジック」を明らかにしてくれないと全然ランキング基準がわからないんですけどね。

 

うーん、どういった基準のランク付けなのでしょうか?

 

さらにこんな記述が書いてあります。

 

※このランキングは上記の方法によって作成したものであり、各塾の優劣を意味するものではありません。

 

もはやランキングの存在意義がわかりません。いったい何の為のランキングなのでしょうか?

 

先ほどのランキング表を眺めていると他にも疑問が湧いてきます。

 

1位~10位までの学習塾どこも3.50点前後です。

 

4.00点以上の塾や2.99点以下の塾が見当たりません。

 

口コミでは5.00点~1.00点までつけられるようですが、見事なまでにほぼ全ての塾が3.70点~3.50点の間に収束しています。

 

これって、結局どこの塾も一緒だってことでしょうか?

 

なるほど。最近、かまなびのブログで書いてありましたね。

 

コンビニ塾のウリはどこでもそれなりのクオリティーなところだって。

 

コンビニ塾は看板が違うだけでどこへ行っても一緒。

 

本当のコンビニも看板が違うだけでサービスと値段は大差ないですもんね。

 

そう考えると、このランキングの得点がどこも同じような点数になっていることにも合点がいきますね。